自動車の盗難にあったら。

一家に一台はある自動車。最近、日本では自動車の盗難が年々増加しています。
自分の自動車に限ってというのは甘い考えかもしれません。盗難されたら、まずは警察に言いましょう。

警察に通報したからといって、車が戻ってくるわけではありません。戻ってこない方が多いようです。
盗難にあった際に、保険に入っていれば自己負担が減ります。
といっても自動車保険に入っているだけでは盗難の際に保険金がおりません。
自動車保険に加入した際に、盗難保険に入っていれば、保険金がでるのです。
しかし少しでも保険料を節約したい人にとっては、盗難保険に加入すると保険料があがるので入るかどうか迷うところですね。
盗難保険に入ると何が補償されるのか。
車本体を盗難された場合だけでなく、盗難目的でガラスを割られたり、キーシリンダーを壊されたりした場合も補償されます。
ただし、タイヤの盗難などは対象にはなりません。また鍵をかけ忘れたが原因で盗難にあった場合、補償がされないものもあるので注意しましょう。

盗難されて一番困ることが、盗難にあった車が事故を起こした場合、管理者責任や所有者責任を問われることがあることです。
理不尽ではありますが、損害賠償に応じなければならない時もあります。
そんな時、個人の力では応じるのが困難なので、保険に入っていると便利ですね。

メリットはあるけれど、少しでも保険料は安くしたいですよね。
もし自分の持っている車に自動車盗難防止装置が装着されていると割引があるので保険料が節約できます。